実は、文系出身が半分以上!? IC内定者たちの就活体験談

19卒インフォメーションクリエーティブ(IC)内定者に気になる質問!

「IT業界って理系の業界?」「インターンシップはやっぱり参加したほうが良いの?」
就活していたら誰もが疑問に思い、気になるポイントについて就活を終えたばかりの
19卒IC内定者に聞いてきました。

就活生の中にはIT業界は理系の割合が多いと思う方がいると思います。
しかし、19卒の内定者の文理比率は文系15人、理系10人と文系が理系を
上回っている結果となりました。

 

また、インターンシップは参加したほうが良いのかと不安に思う就活生が多数いると思います。
19卒内定者にアンケートをとると、実に半分以上の人が1回以上参加しているのが
分かります。

「とりあえず参加してみよう!」というものでも構いません。インターンシップに
参加してみることをおすすめします。

ちなみに、インフォメーションクリエーティブでもインターンシップを
開催しているので、是非参加してみてください!
IT業界についての業界研究も出来ますので、オススメです!

予約はこちらのリンクから出来ますよ!!
https://job.rikunabi.com/2020/company/r567200089/preseminar/V001/

 

会社を選んだ決め手

Hさん:今、IT業界が伸びている中で新しいことに挑戦していく期待と安定性に
魅力を感じました。

Wさん:ITの知識が無くても文理問わず、入社後3ヶ月間の充実した研修制度が
あるため、安心して何一つ不安なく入社することができました!

Kさん:福利厚生も充実しており、実際に現場で働く先輩方や人事の方とお話を
しても一人ひとりが活き活きとしており、仲がよく誰もが感じる風通しのよさを
感じたため入社を決めました。

Aさん:IT企業は理系の割合が多い印象を思っています。
しかし未経験でも安心できる教育制度が備わっている企業が多いです。
ICもその中の1つであり、入社後3ヶ月間の充実した研修制度があるため、
文系の人も安心して入社することができます。

Nさん:福利厚生を会社選びで重視しています。
ICは土日祝日休みや女性が働く上で気にすることである産休・育休制度もあり、
福利厚生も充実しているので働きやすい環境が整っています。

Yさん:この先世の中で必要不可欠な仕事をしたいと考えています。
業界選びの際には将来性に目をむける方もいると思います。
あらゆるものがシステム化していく世の中で、IT業界は将来性のある業界であると
言えます。

 

最後に、一番就活生に近い先輩からアドバイス!

内定者に就活生にアドバイスするなら、
①早めに行動を起こすこと
②自己分析をやっておくこと!
が多く上がりました。

 

Yさん:早い段階で自己分析をして自分にどんな仕事が合っていてそれが
どの業界なのかを把握しておくことが大切だと思います。

Kさん:進路がはっきり決まっていなくても、とりあえず早めに
行動し始めることが大事だと思いました。
自分の可能性や選択肢を狭めてしまわないように、できることは
早いうちから取り組んだり興味を持ったりすると良いと思います。

Hさん:自分がどんな引き出し(ネタ)を持っているのかわかっていて、
どれを使うべきかわかっていると、個人面接で余裕をもって対応できると思います。

Oさん:自分の強みや逆に弱みをしっかり分析して面接で聞かれた時に
しっかり答えられるようにしておくといいと思います。

いろいろな説明会に参加し、自分に何があっているのかを自分自身と向き合い、
納得のいく就活を頑張ってください。
その中で、インフォメーションクリエーティブを選んでいただけたら嬉しく思います。